なちゅらるフォト~mammy's eye~

写真って楽しい♪ 今の私が撮りたいものを 楽しみながら 好きなものを好きなように撮っています

フォトエッセイブック 「大丈夫、だいじょうぶ」 出来たきっかけ

フォトエッセイブックが出来上がりました♪

 

「大丈夫、だいじょうぶ」

~吉丸房江先生からの手紙~

 

f:id:naturalphoto1:20161120234152j:plain

 

今回は、このフォトエッセイブックを作ることになった

いきさつをお話しいたします

 

 

 

主人(真水周一郎)は、44歳で
「多系統萎縮症」という病気を発症しました


小脳などの脳の大切な部分の細胞が小さく縮んでしまうので

動くこと、話すことが

だんだん上手くできなくなってきています


特に治療法もない、原因不明の難病なのです

 

今では、自分の足で立つこともままならなくなってきました

 


だんだんと不自由になっていく身体に対して
不安に押しつぶされそうになった時
主人は吉丸房江先生に何度も何度も手紙を書いていました


「大丈夫、だいじょうぶ」

 

吉丸先生の愛あふれる言葉、メッセージに
どれだけ勇気づけられたでしょう

主人は頂いたお手紙をファイルに入れて、

大切に大切に保管しています

 

 

主人がいつでも手にとって見れるように

まとめたらいいしじゃないかと思いつきました。

 

折りしも、主人の誕生日が近かったので

吉丸先生から頂いたた、たくさんのお手紙から

言葉を選びだし、私の撮影した写真とを合わせて
主人の誕生日プレゼントとして誕生したのが

このフォトブックなのです

 


「大丈夫、だいじょうぶ」

 

根底にこのメッセージが流れている

フォトエッセイブック

 

 

必要な方もきっといると思います。

病気で不安な方

気持ちが折れそうな時

自分が何の役にも立ってないと落ち込んでいる人

 

そんな方の力になれるかもしれません

 

 

フォトエッセイブック

大丈夫、だいじょうぶ 

ご注文はこちら

 

 

 

必要な方に届きますように・・・・・・

 

 

 

 

次回は、吉丸房江先生についてお話しします