なちゅらるフォト ~mammy's eye~

写真って楽しい♪ 今の私が撮りたいものを 楽しみながら 好きなものを好きなように撮っています

フォトエッセイブック 「大丈夫、だいじょうぶ」 出来たきっかけ

フォトエッセイブックが出来上がりました♪

 

「大丈夫、だいじょうぶ」

~吉丸房江先生からの手紙~

 

f:id:naturalphoto1:20161120234152j:plain

 

今回は、このフォトエッセイブックを作ることになった

いきさつをお話しいたします

 

 

 

主人(真水周一郎)は、44歳で
「多系統萎縮症」という病気を発症しました


小脳などの脳の大切な部分の細胞が小さく縮んでしまうので

動くこと、話すことが

だんだん上手くできなくなってきています


特に治療法もない、原因不明の難病なのです

 

今では、自分の足で立つこともままならなくなってきました

 


だんだんと不自由になっていく身体に対して
不安に押しつぶされそうになった時
主人は吉丸房江先生に何度も何度も手紙を書いていました


「大丈夫、だいじょうぶ」

 

吉丸先生の愛あふれる言葉、メッセージに
どれだけ勇気づけられたでしょう

主人は頂いたお手紙をファイルに入れて、

大切に大切に保管しています

 

 

主人がいつでも手にとって見れるように

まとめたらいいしじゃないかと思いつきました。

 

折りしも、主人の誕生日が近かったので

吉丸先生から頂いたた、たくさんのお手紙から

言葉を選びだし、私の撮影した写真とを合わせて
主人の誕生日プレゼントとして誕生したのが

このフォトブックなのです

 


「大丈夫、だいじょうぶ」

 

根底にこのメッセージが流れている

フォトエッセイブック

 

 

必要な方もきっといると思います。

病気で不安な方

気持ちが折れそうな時

自分が何の役にも立ってないと落ち込んでいる人

 

そんな方の力になれるかもしれません

 

 

フォトエッセイブック

大丈夫、だいじょうぶ 

ご注文はこちら

 

 

 

必要な方に届きますように・・・・・・

 

 

 

 

次回は、吉丸房江先生についてお話しします

フォトブック比較 ハードカバーとソフトカバー

今回作成したフォトエッセイブック

 

「大丈夫、だいじょうぶ」

 

ハードカバーとソフトカバーの2種類を作りました

 

違いを比較してみます

 

 

1.サイズ

 

f:id:naturalphoto1:20161120234152j:plain

 

 

まずサイズが違います

 

 

ソフトカバー :  15センチ×15センチ

ハードカバー :  21センチ×21センチ

 

 

6センチの違いですが、面積にすると随分ちがってきます

  

 f:id:naturalphoto1:20161120234316j:plain

 

 

 

2.表紙カバー

 

 

厚み、硬さ、紙質が違います

 

f:id:naturalphoto1:20161120234356j:plain

 

違いは

本の新刊のハードカバーとコンパクトな文庫本を

イメージしていただけるとわかりやすいかしら?

 

重み、手触り、感触が全く違います

 

 

コンパクトで気軽に持ち運べるソフトカバー

 

ハードカバーは

しっとりとしたツヤとコシのある印刷紙を用い、

市販されている写真集のような仕上がり

表紙加工はマットラミネート

 

 

 

3.価格

 

 

f:id:naturalphoto1:20161120234418j:plain

 

ソフトカバー : 1,500円 (税込、送料込)

ハードカバー : 3,800円 (税込、送料込)

 

ハードカバーでこの価格で提供できるのは

今回だけかもしれません

 

 

 

写真で手触り、重みの違いを表すのが難しいですが

実際見ると、価格の違いには納得していただけると思います

 

 

 

違う写真を使って、構成を変えていますので

ハードとソフト両方購入いただいて

違いを楽しんでいただいてもいいと思います♪

 

 

ご自身で見ていただくのはもちろんですが

表紙もしっかり、高品質なハードカバーは

大切な方への贈り物にも最適です

 

 

お好み、ニーズにあわせてお選びください

 

 

フォトエッセイブック

大丈夫、だいじょうぶ 

ご注文はこちら

 

 

 

 

フォトエッセイブック 「大丈夫、だいじょうぶ」 完成しました

フォトエッセイブック

「大丈夫、だいじょうぶ」

 

が出来上がりました~♪

 

f:id:naturalphoto1:20161120234152j:plain

 

このフォトエッセイの言葉は、私が書いたものではありません

福岡在住の吉丸房江先生が書かれたものです

 

 

 

正確に言うと、書いたのではなく

「言葉が降りてきた」 もの

 

 

というのは、

自分が何を書いたのか

言葉は全く覚えてないんですって!

 

頭で考えずに、

降りてきた言葉を書き取ったものらしいです

 

 

そのメッセージは、とてもシンプル

 

元々誰しもが持ってるものであり

ただ忘れてしまっていること

そんな大事なことを思い出させてくれる

心にしみる、温かいことばなのです

 

 

「大丈夫、だいじょうぶ」

 

 

ことばの根底に、このメッセージを感じたのて

このタイトルをつけせていただきました

 

 

 

吉丸先生の言葉と、言葉のイメージに合わせた

私の写真とで作成したフォトエッセイブック

 

 

f:id:naturalphoto1:20170514135133j:plain

 

必要な方に届きますように・・・・・・・・

 

 

*****

 

ご注文はこちら

 

「大丈夫、だいじょうぶ」 フォトエッセイブック申し込み

 

 

写真撮影日のご案内

今日は、写真撮影日のお知らせです

 

ご自宅に伺い、

ねこの可愛らしい表情を撮影する

「うちねこフォト」

 

f:id:naturalphoto1:20160628121543j:plain

 

きちっと、かちっとの作り物っぽい笑顔ではなく

内側から溢れてくる、自然な表情で

今のあなた自身を撮影する

「なちゅらるフォト」

 

f:id:naturalphoto1:20160617215048j:plain

 

この2つのサービスを提供しています

 

自然で魅力的な表情を撮影しておりますので

大変喜ばれております

 

 

11月までの

撮影日可能日をお知らせいたします

 

 

9月 

26日(月)、27日(火)

 

10月

3日(月)、11(火)、24(月)、25(火)

 

11月 

21(月)、22(火)、28(月)、29(火)

 

 

撮影場所

なちゅらるフォト 東京都内  (ご自宅、サロン 相談応)

うちねこフォト  ご自宅に伺います

 

撮影時間

午前中 2-3時間の予定

 

 

日程が限られておりますので

撮影を希望される方は、ご検討ください

 

日曜、祭日も調整可能な日もございます

要望等ございましたら、一度相談くださいませ

 

 

♪♪♪

 

真水純子フォトグラフィーで今までの写真をアップしています

今まで撮影した写真はこちらをご覧ください

 

 

 

うちねこフォトの詳細はこちら

 

 

なちゅらるフォトの詳細はこちら

 

 

受け入れることは諦めることではない

受け入れることと
諦めることは違う

「そうだよね」
と、事実を認め、受け入れることは大事

でもね


「だから、しょうがないよ」

「だから無理なんだよ」

で終わらせるとそこで思考も行動もストップ


何もしなければ
そこに甘んじていれば
諦めているのと同じだよ


自分の人生なんだからさ

諦めないでいようよ

f:id:naturalphoto1:20160822001334j:plain


少なくとも
私は、自分の人生を諦めたくはない
 

自分を表現するということ

自分を表現するということ

 

その必要性を強く感じている

 

人に合わせてばかりいると
自分がどうしたいのか?
どう感じているのか?

そんなことすら
わからなくなってきてしまう。

 

 

家族の笑顔が見たいから、
他の人を不快にさせたくないからと、
自分のことは後回し。

 

丸く収まるように、
よかれと思って我慢して、
なんだか疲れを感じている。

 

 

そんな女性をたくさん見てきた。

かつての私も、その中の一人に入っていた。

 

もう、そろそろ
自分を表現してもいいんじゃない?

 

 

 

それは、
言葉であったり、想いだったり。

 

インプットよりもアウトプット

 

もう我慢や遠慮は
しなくてもいいんじゃない?


我慢なく、不満なく、後悔なく
自分の人生を創造してもいいんじゃない♪

 

*****

 

今まで撮った写真たちです。

真水純子 フォトグラフィー

http://mamizu.wix.com/photo

 

自然風景

青の世界

みどりの世界

あかの世界

はっぱ&花

mammy's eye  マミーズアイへようこそ

ようこそ mammy's eye マミーズアイへ

はじめまして、mammy's eyeの真水純子です。

こちらのブログでは、私の撮影した写真を

その時に感じたメッセージと共に綴っていきます。

 

mammy's eyeの意味は、

母なる大地、母のような優しい眼差し

 

優しい眼差しから見える世界を写真で表現しています。

 

mammy's eye マミーズアイは、

「真水の愛」の意味も含んでいるんです。

ダジャレの様ですけどね♪

 

愛ある空間、愛ある関係

そんな空気感も伝わるといいなと思っています。

 

 

目の前に広がる

空や雲、風、光、樹木の自然風景や

家族から愛されるわんこ、にゃんこ達

自然体で内側からあふれる、魅力的な表情を

撮影しています

 

そんな愛する写真たちから何かを

感じとっていただけたら嬉しく思います。